読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸ムスリムインバウンド

関西ムスリムインバウンド推進協議会【神戸支部】 活動日記

かなうた神戸元町 ムスリムフレンドリー始まる!!

こんにちは、野村です。

私は神戸の街をもっとムスリムが安心して楽しめる街にする為に活動しています。

 

いやはや、なかなか更新出来ず久しぶりの投稿になりました。

ギリギリ10月中の更新ということですが、もうすぐ11月です。

早いですね・・・(汗) もうすぐしたら年の瀬・・・

 

日本を含め世界のムスリム対応のスピードは異様に早いので余計に時間がたつのが早く感じます。振り落とされないようにしないといけませんね(笑)

 

さて、忙しかったのは本業の方も、神戸のムスリムインバウンドの活動の方もです。

 

そう、株式会社ジャパン インバウンド ソリューションズ代表取締役社長の中村好明氏の言葉で言うと「米仕事」「花仕事」も忙しかったのです。

 

「米仕事」とは簡単に言うと自分が生活をしていく為の仕事。

「花仕事」とは、それ以外の地域みんなの為にする仕事。

 

インバウンドだけではないですが、今の日本では忘れられがちな「花仕事」の大切さを中村氏は説かれています。最新著書は本当に面白いのでおすすめです。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029155622j:plain

 

さてさて、私の花仕事・・・神戸がムスリムの過ごしやすい環境にする活動ですが、9月に神戸の夜明けのセミナーを行ってから実際に動きがありました。

 

9月のセミナーは下記参照。

 

kobe-muslim-inbound.hatenablog.jp

 

このセミナーに参加していただいた神戸のスイーツショップ 「かなうた 神戸元町さんのお手伝いを色々させていただいておりました。

 

 http://kanauta.net/web/wp-content/uploads/2015/12/top_mail-001.jpg

かなうた|神戸・元町のからだにやさしいおやつのお店

 

このお店は実はお店のコンセプトが「体に優しい安心して食べられるおやつ」という事でそもそも動物性の原材料やアルコールなど一切使っていないナチュラルハラールのお店だったのです。

 

 

もうね、最初聞いた時びっくりしましたよ。なんにもしなくても既にハラール対応完璧だったという衝撃・・・きっと他にも知らないだけでナチュラルにクリアしているお店ってあるんだろうな~とつくづく思いました。

 

 

そんなわけで早速取材に行ってきました。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029160519j:plain

JR元町駅から徒歩2~3分。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001320j:plain

入りやすいオープンな店構え。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029160737j:plain

お店の方もとってもフレンドリーでした★ ウィッシュ!!

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001336j:plain

ショコラスクに無添加クッキー。アレルギーの方にも楽しんでいただけます。

 

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001355j:plain

ワッフルはもっちもちの食感。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001412j:plain

棒状のドーナツ「うたボー」。素朴な味が逆に癖になります。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001431j:plain

ショコラケーキもモチモチの新食感です。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001448j:plain

ホールケーキなど良いお使い物になりますね~。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001459j:plain

すももクリームのケーキ。フルーティーです。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001536j:plain

砂糖も白砂糖じゃなくてキビ砂糖なので完璧ですね。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001556j:plain

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001607j:plain

休憩スペースもあります。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001621j:plain

看板娘ちゃん。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001634j:plain

もちろん日本人の私が食べてもおいしかったですよ♪ 基本はムスリム「も」食べれる対応が肝心です。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001649j:plain

お店のコンセプト。素晴らしいですね。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001703j:plain

神戸モスクのゾルさんにチェックしていただきました。色々メニュー表記の仕方のアドバイスもいただきました

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001714j:plain

神戸ナフリスタンの日本人ムスリム まりなちゃんにも試食していただきました。同じ神戸の人でも知らなかってびっくりしたそうです

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001727j:plain

このケーキがモッチモチで本当においしかった。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20170313001822j:plain

どやさっ!!

 


 

さてさて、取材とムスリムに試食や意見を色々いただいて、神戸モスクのゾルさんのご協力の下、お店のポリシー表記を下記のように作り変えました。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029161653j:plain

こういうわかりやすい表記が良いようです。

 

ゾルさんからは

 

 

「文章にするとわかりにくいからこういう端的な表現の方が直感ですぐわかります。外国人だと文章で読もうとすると誤解する人もいると思います。現に私は勘違いしてしまいましたし。日本人は否定語を最後に持ってきがちな英語ですが、外国人は最初に否定語を持ってこないといけません。皆最後まで読まずに「あ~ 我々は食べられないんだ~」と感じてしまう人もいるので最初に「No」などとした方がわかりやすいです。」

 

と具体的なアドバイスをいただきました。ゾルさんはいつも協力的です。ありがとうございます。もっとこういうムスリムの優しさに皆触れてくれたら世間の誤解的なイメージは無くなって行くと思います。

 

なんか英語の授業みたくなりましたね(笑)

ゾルさん英語苦手って言ってたのに(笑)

 


 

そしてこの取材を基にHMJ(ハラールメディアジャパン)で記事書きました。

 

それが下記リリースです。

 

www.halalmedia.jp

やっぱり「も」が大切ですよね。見事にそれを具現化したようなお店です。

 

もちろんHGJ(ハラールグルメジャパン)にも登録済ませています。

www.halalgourmet.jp

 


 

さてさて、記事リリースと同時に私は送客の段取りにうつりました。

もちろんHMJの記事見ただけでも訪れるムスリムはいますが、色々多角的に情報をきちんとムスリムに届ける事が大切です。

 

ハラール対応したけど肝心のムスリムが来ないよ~」

 

って話を某コンサルの会員様からよく聞きますが、情報が届いてないからという肝心の作業が抜け落ちている場合が多いです。そしてその届ける方法を持たないでコンサルやっている謎な人達も多いです。一体何がしたいのか謎が多いですが、書き出すとただの悪口になるので止めておきます(笑)

 

さて、情報をきちんとムスリムに届けるために・・・神戸では・・・

 

ムスリムが集う神戸が誇るハラールショップ&CAFEのナフリスタンにご協力いただきました。

 

ナフリスタンさんの記事もHMJでリリースしていただきました。この記事の反応めちゃくちゃ良かったです。

 

www.halalmedia.jp

 

店長いつもありがとうございます。

 

かなうたさんのショップカードと作り直したポリシーをセットにしたものをお店に来るムスリムに渡してもらうよう頼んだのです。

 

 

これ・・・相互送客という奴です。

 

地域で一店舗だけムスリム対応のお店があっても広がらないといけません。対応した所がお互いそれぞれのお店同士を紹介しあい、ムスリムに情報を届けあう事が地域の輪を広げる上でとても大切です。

 

 

もしまた新しく対応できたお店が出来たら・・・

 

今度は今あるお店も新メンバーの為に一肌脱ぐ。先輩として。

 

そういった仕事こそ「花仕事」です。

 

One for All, All for Oneです。

 

チームワークです。

 

そうやって各お店さん同士も繋がって交流が深まっていけば、きっとムスリムも巻き込んだピースな街がどんどん出来上がっていくと思うのです。

 

最終的に神戸MAPが出来上がれば最高です。

 

いずれは関西版の特別MAPなんかも出来れば本当に夢のようですね。

 

 


 

さてさて、色々と仕掛けましたが・・・果たしてムスリムは来てくださったのか???

 

 

答えはCMのあとで・・・

 


CM / かなうた 神戸元町 KANAUTA Kobe-Motomachi

 

 

 

ってサムネイルでバレたか(笑)

 

はいっ。ムスリムの方、ちょこちょこ来て頂きはじめているようです。

 

純粋に嬉しくて泣きそうでした。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029164518j:plain

 

かなうたさんからのメッセージでございます。

 


 

ハラールグルメジャパン、ハラールメディアジャパンに掲載していただいたり、
三宮にあるハラールフードや雑貨のお店『ナフリスタン』にチラシを置いていただいてることもあり、
最近ムスリムの方がちょこちょこ来て下さるようになりました。

美味しかった!と次の日も来て下さった方も╰(*´︶`*)╯♡

とっても日本語の上手な男性の方とも写真撮らせてもらいましたが、
スマホを洗濯してしまい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)データがなくなってしまいました。ごめんなさい〜。

気に入っていただけると嬉しいな(*^^*)

 


 

かなうたさんはこちらからお願いした「メニュー表記に英語を取り入れて欲しい」などのアドバイスをきちんと対応してくださって凄く魂を感じました。

 

店長がCMでも「アッサラーム アライクン」と自分から言われたのを聞いて

 

「あっ!ちゃんとセミナーでお話したこと覚えておいてくれているんだ。ちゃんと読み直して勉強してくれたんだ・・・」って本当に嬉しくなりました。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029164914j:plain

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029164924j:plain

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029164934j:plain

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029164945j:plain

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20161029165036j:plain

こういう些細な対応ひとつひとつが積み重なってムスリムからの信頼が出来上がるんだと思います。

 


 

少しずつですが、神戸も進み始めています。

ムスリム対応は一日にして成らず・・・

そして一人、一店舗では持続的な受入は不可能です。

皆が協力し合って面で対応をしていって初めて継続的に持続的に行えるものです。

時間軸の長い取り組みですが、その先にあるものは・・・

 

答えは中村氏の本読んでください。

 

かなうたさん、まず一歩おめでとうございます。引き続き一緒にがんばっていきましょう。

 


ハラル対応のご相談や関西ムスリムインバウンド推進協議会 【神戸支部】へのご参加などについては下記よりお問い合わせください。

 

お問い合わせ