読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸ムスリムインバウンド

関西ムスリムインバウンド推進協議会【神戸支部】 活動日記

ムスリムインバウンドが目前に!! 神戸のハラール対策急がれる!!

2016年6月

こんにちは、野村です。

私は神戸の街をもっとムスリムが安心して楽しめる街にする為に活動しています。

 

先日垂水のお寿司屋さん対応に来てくださった一般社団法人 メイドインジャパンハラール支援協議会理事長の高橋さんの記事が出ました。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20160630152431j:plain

 

そう、垂水に来られる1週間前にインドネシアに商談をまとめに行っておられたのですが恐ろしい過密スケジュールをこなして商談をまとめあげていた旨をFacebookにUPされておりました。

 

この記事はその内容です。

 

ムスリムは生きている間に絶対に一度はメッカ巡礼をしなくてはなりません。

決まりです。

一日5回のお祈りと同じくらいの絶対にしないといけないことです。

 

ここに一大市場が存在するのです。

最近はHISもそれを取ろうとサービスを日本で始めた記事がありました。

(HISはウムラというハッジのミニチュア版みたいな奴ですが・・・)

 

 

http://www.his.co.jp/material/pdf/n_sho_20160531.pdf#search=%27%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B8+HIS%27

 

そしてこのサウジアラビアへの巡礼を終えた後の行き先をどこにするかというのでまた市場があるのです。どこの国もその旅行の争奪戦です。

 

インドネシアムスリムは2億人で巡礼ツアーは常に順番待ち。しかも経済成長中。

有望市場です。そして何より超親日です。日本に行きたいという要望は極めて強い憧れの対象なのです。

 

しかしハラル対応が心配・・・

 

という現地旅行社の不安を吹っ飛ばすべくガチンコの打ち合わせを先週行ってきたのです。

 

高橋さんのあの目力とソウルとムスリム知識で話されたらムスリムも納得するでしかないでしょう。(笑)

 

そしてその仕事の契約を結んできたのです。

 

これからその日本の旅行先プランを練るために現地の旅行会社を日本のハラール対応しているエリアにどんどん送り込んでツアープランが練られていきます。

 

当然ハラール対応している順番にです。

 

もう言わんとしていることはわかりますよね?

 

神戸、急がないとまずいです。

 

ハラール対応しないと当然この流れに乗れません。

 

神戸は素通りになってしまします。

 

ムスリムインバウンドを神戸でも取るためにどんどんどんどん進めていきます!!

 

 

 


ハラル対応のご相談や神戸ムスリムインバウンド推進協議会へのご参加などについては下記よりお問い合わせください。

 

お問い合わせ