読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸ムスリムインバウンド

関西ムスリムインバウンド推進協議会【神戸支部】 活動日記

ハラールビジネス開国情報共有会

こんにちは、野村です。

私は神戸の街をもっとムスリムが安心して楽しめる街にする為に活動しています。

 

先日、HMJ(ハラールメディアジャパン(株))とMIJHSC((一社)メイドインジャパンハラール支援協議会)主催で毎月東京で行われているハラールビジネス開国情報共有会に参加して来ました。

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20160715212324j:plain

 

メインとなるのはMIJHSCの高橋さんが6月に結んできたインドネシアの旅行会社とのムスリム日本ツアー企画の話。

この内容は先日のブログでもご紹介しているのでそちらをご参考ください。

 

 

kobe-muslim-inbound.hatenablog.jp

 
この企画のインドネシアからの視察団が来月から日本に来ます。第一歩が始まります。

 

経済成長中・親日国(日本語学習者は中国に次ぐ世界第2位)・ムスリム人口世界一の2億人

 

大きな市場ですね。そしてムスリムにとって巡礼は人生の中で一度は行わなければならない一大イベント。

 

この流れが出来れば非常に大きいです。日本のインバウンドに新たな旋風が巻き起こると言っても過言では無いでしょう。

 

その中で高橋さんが大切な事をおっしゃっていました。

 

「各国からの旅行を受け入れるにあたって大切なのは日本の一都市単位では長期の旅行を満足させるコンテンツがないことを理解しておく必要がある。」

まさにその通りですね。

 

神戸でもそうですね。いくら神戸の観光資源があっても神戸だけで3~4日も旅行客をとどめておくのは不可能ですし旅行客も望んでいません。そこまで神戸を望む人は個人旅行で来ます。最初の団体ツアーはやはり色々な地域で様々な経験がしたいというのが普通です。


要するに・・・

団体旅行ツアーでお客様を満足させる為には地域が連携してエリアで迎え入れる体制を作らなければならない事です。


幸いに関西は大阪、京都、神戸、奈良をはじめ其々が被らない独自の魅力を持った地域の集合体です。



もちろんそれぞれエリアごとの受け入れ態勢を整える事が必須ですが(ハラール食事とお祈りスペースはHMJのアンケート結果でも今回の高橋さんが魂を込めて行ってきた商談でもやはりMUST条件です。)その先は関西エリアが情報を共有しあい、協力しあってひとまとまりでツアーを成功させる意識が必要です。



それぞれのエリアで強み・弱みがあると思いますがそれを活かし、補いながら関西の魅力を高めれば関西ムスリムインバウンドは成功すると思います。


それを踏まえて今後大阪や奈良、京都などの推進協議会とも話し合っていこうと考えております。


そしてそれよりもまず最初にきちんと神戸のハラール対応をしっかりと整える事が大切です。



先日、神戸元町インバウンド協議会の代表の方とお会いし、同志として協力しあって神戸の体制を整えていく事が決まりました。

楽しみです。同志が増えればそれだけゴールに早く到達できるという事ですから。

今回の報告会ではそれ以外に様々なハラールに対応している企業の方と挨拶、情報交換を行いました。HMJの守護さんのはからいで弊社のPRAYERMのプレゼンをする機会も急遽設けていただき充実した報告会でした。


参加されていた主な企業のご紹介をまとめてご紹介させていただきます。

●キューピー(株)

www.kewpie.co.jp

マヨネーズで有名ですね。ハラール認証を取得したマヨネーズを逆輸入するパターンです。ちなみにマレーシアのハラール認証は世界で二番目の難易度と言われています。

 

参考に下記リンクをどうぞ。

ハラル認証機関・団体


お買い求めはこちら

Amazon CAPTCHA



●(株)リタ・コーポレーション

lita-corp.net

ハラール認証を取得した洗浄・除菌・抗菌剤「クリーン シュシュ ネオ」を販売。アルコールを使っていない洗浄剤なので飲食以外でもニーズは高いです。お買い求めは同HP内から販売しております。(Amazon有)

 

 

●手塚商事

 

【手塚商事】プチプチ美、そばクッキー、健康的補食、商品開発及びOEM提供、青春サポート栄養士、鹿沼市、千渡、フラダンス衣装レンタル販売、衣装オーダーメイド

 

無添加のお菓子を製作。クッキーなどサンプル品をいただきましたが非常においしかったです。現在ハラール認証取得に向けて動かれているとの事。健康に配慮したお菓子はムスリム「も」日本人「も」喜んで食べられるので良いですね~。

 

●八基通商(株)

 

www.yatsumoto.co.jp

マレーシアを代表するチリソース「Lifeソース」を輸入販売しています。ムスリムにとってはおなじみのこのソースがあるだけでムスリムの安心感は全然違うでしょうね。日本の味を自分流に変えて食べるので飲食店は置いといてあげると喜ばれます。(お寿司につけて食べるムスリムもいるぐらいですから)

 

●(株)伝 (TSUTAU)

 

www.tsutau.jp

日本初のムスリム対応レシピ専門サイト「ハラールレシピジャパン」を運営しておられます。飲食店でこれからハラールのメニューを作りたいという方は非常に参考になります。食材の選び方や調理の仕方、ハラールについての考え方などすばらしい情報量です。HMJとも提携しております。

 

www.halalrecipes.jp

ニチレイフーズ

 

wako-net.com

ベジタリアンOKなカレー=ムスリムも食べられるカレーを展開するニチレイフーズさん。ハラール認証が無くても動物性不使用というきちんとした表記で販売している食材もありますのでこちらもこれから広がれば良いなぁと思います。日本のカレーは独特な味なのでこれを世界に広めてほしいです。お買い求めはお近くのAプライスにて。

 

 

 

ちなみに認証取って無くても表記だけで売れている代表例は侍ラーメンですね。

samurai-ramen.jp

●AGORA PLACE

prtimes.jp

サムライキッチンと協力してムスリムが食べられる朝食を増強!!ビュッフェでも食べられるものを提供していましたが、さらにメニュー増量の為の新サービス。さすが浅草ですね。ムスリム対応先進都市です。

 

●(株)藤田建装

fujitakenso.jp

これからはムスリムを意識した建築も絶対に増えてくると思います。

 

●すし賢

www.asakusa-sushiken.com

ハラールの飲食関連を調べている人で知らない人はいないんじゃないかな。

それほど有名なお寿司屋さんです。もちろん浅草。

ISLAM BEAUTY TRIPでもSEKAI CAFEさんと同じく浅草から参加しておられました。

 

●日光軒

www.halalmedia.jp

もはやハラールの生きる伝説とまで言われるハラール餃子おじさんの五箇さんの中華屋さん。今回のMIJHSCのインドネシア旅行の仕掛け人の一人。両毛ムスリムインバウンド推進協議会の会長さんです。想像していた通り魂の男でした。

 

 

他にもメディアの方など様々な人がいらっしゃいました。

 

ハラールの最前線情報を吸収してきました。

 

これからここに神戸の名前が少しでも出てくるようにがんばります。

 

神戸もこれからです。

 

f:id:Kobe-Muslim-Inbound:20160715232025j:plain

 

 


ハラル対応のご相談や神戸ムスリムインバウンド推進協議会へのご参加などについては下記よりお問い合わせください。

 

お問い合わせ